遺言作成・相続税試算・争続対策・贈与税はおまかせください!

争族を防ぐ “遺言書“

争族を防ぐ “遺言書“

自分が死んだ後に、家族がもめることは避け たいなぁ…何かいい方法はないのだろうか?

遺言書を書いて『相続人に自分の意思を遺す』ことも争族を防ぐ一つの方法です。

 【遺言書の効果】

遺言書がある場合、相続に関して遺言書の記載が最優先されます。
つまり、遺言者は自分の思う通りに相続財産の分配を決めることができます。

【遺言書の時代】

遺言書というと『縁起が悪い』などと思う方も多いですが、遺言を遺す方は例年増えています。ついに平成26年は10万件を超えました。

遺言公正証書の数の推移

遺言公正証書の数の推移

≪遺言書を書く場合の注意点≫

 

遺留分/遺言者は、自分の意思で相続財産の分配を『遺言書』に遺すことができます。ただし、法定相続人(兄弟姉妹を除く)には、最低限の相続分を主張できる権利『遺留分』があります。
相続人が遺留分の主張をした場合、遺留分を限度とする相続財産を確保できることになります。
付言事項/「遺言書を書いた理由」・「財産を特定の相続人に遺す理由」・「家族への想い」など、遺言者の気持ちを遺言書に遺すこと。
相続人が遺言者の気持ちを理解し、争族を避けることができる。

 

<<<前のページへ │ 次のページへ>>>

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

今すぐお気軽にお問い合わせください TEL 0120-316-540 年中無休!土日・祝日も24時間受付中!

NPO法人相続アドバイザー協議会
相続税の試算をしてみませんか?無料相談実施中!
争続にならないための円満相続の手引き
遺言相続お客様の声
相続・遺言最新ニュース
相続対策・遺言作成セミナー情報
お客様の声
相続申告チェックリスト
相続チェックリスト事務手続き用
相続チェックリスト公的機関用
相続税のシミュレーション
全国相続協会 相続支援センター
高齢者が安心て暮らせる社会の実現を目指し、その志のある全国の専門家とネットワークを組み、相続に関する支援、研修、研究活動を行う団体です。
えんまん遺言相続支援センターメンバー紹介
遺品整理・生前整理・家財整理のほっとアルファー

相続の専門家

お問い合せ
PAGETOP
Copyright © えんまん遺言相続支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.