遺言作成・相続税試算・争続対策・贈与税はおまかせください!

相続放棄の手続き

相続放棄の手続き

親父はかなりの借金を残して亡くなったけど、 借金を相続しなければならないのかな?

相続放棄ができます。
相続人が『相続が開始したことを知ってから3か月以内』に家庭裁判所に申し立てを行う必要があります。

【相続人の選択肢】

①相続財産がプラスの場合…単純承認
 効果→被相続人の権利義務を全て承継する。
②相続財産がマイナスの場合…相続放棄
 効果→被相続人の権利義務を一切承継しない。
③相続財産が不明の場合…限定承認
 効果→被相続人から承継する資産を限度に借金を負担。
3か月以内に『相続放棄』又は『限定承認』の手続きを行わないと①の『単純承認』になってしまう。

≪相続放棄の注意点≫

 

①「相続財産の一部を処分する」・「相続人として遺産分割協議に参加する」など、相続人としての行為をした後に、相続放棄をすることはできません。(法定単純承認)
② 遺産分割協議で財産を承継しないとの協議をしてもその結果をもって負債を承継しないことにはなりません。ただ、財産をいらないとの意思にしかなりません。
③ 相続放棄を行うと次順位の相続人に相続権が移行します。例えば、母子が相続人で子供が相続放棄をすると次順位の「父母」、更に「兄弟姉妹」などの親戚に相続権が移行し、結果的に親戚に借金を背負わせることになるので、慎重に検討してください。

 

<<<前のページへ │ 次のページへ>>>

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

今すぐお気軽にお問い合わせください TEL 0120-316-540 年中無休!土日・祝日も24時間受付中!

NPO法人相続アドバイザー協議会
相続税の試算をしてみませんか?無料相談実施中!
争続にならないための円満相続の手引き
遺言相続お客様の声
相続・遺言最新ニュース
相続対策・遺言作成セミナー情報
お客様の声
相続申告チェックリスト
相続チェックリスト事務手続き用
相続チェックリスト公的機関用
相続税のシミュレーション
全国相続協会 相続支援センター
高齢者が安心て暮らせる社会の実現を目指し、その志のある全国の専門家とネットワークを組み、相続に関する支援、研修、研究活動を行う団体です。
えんまん遺言相続支援センターメンバー紹介
遺品整理・生前整理・家財整理のほっとアルファー

相続の専門家

お問い合せ
PAGETOP
Copyright © えんまん遺言相続支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.